ISO9001品質マニュアル

8.測定、分析及び改善

8.1 一般

当グループは以下の事項のために必要となる監視、測定、分析及び改善のプロセスを計画し、実施しなければならない。

  1. 製品要求事項への適合を実証する。
  2. 品質マネジメントシステムの適合性を確実にする。
  3. 品質マネジメントシステムの有効性を継続的に改善する。
    これには、統計的手法を含め、適用可能な方法、及びその使用の程度を決定することを含めなければならない。
8.2 監視及び測定
8.2.1 顧客満足

当グループは、品質マネジメントシステムの実施状況の測定の一つとして、顧客要求事項を満たしているかどうかの情報を収集、監視しなければならない。この情報の収集、監視の方法を『顧客満足度調査規定』に定めなければならない。

8.2.2 内部監査

当グループは、以下の事項が満たされているか否かを明確にするため、あらかじめ定められた間隔で内部監査を実施しなければならない。

  1. 品質マネジメントシステムが、製品の実現計画に適合しているか、適用する規格の要求事項に適合しているか、及び当グループが決めた品質マネジメントシステムの要求事項に適合しているかを監査する。
  2. 品質マネジメントシステムが効果的に実行され、維持されているか監査する。 なお、内部監査は『内部監査規定』に従い実施するが、『内部監査規定』には以下の内容を明確にすること。
    1. 監査の対象となるプロセス及び領域の状態及び重要性、並びにこれまでの監査結果を考慮して、監査プログラムを策定しなければならない。
    2. 監査の基準、範囲、頻度及び方法を規定しなければならない。
    3. 監査員の選定及び監査の実施においては、監査プロセスの客観性及び公平性を確保しなければならない。
    4. 監査員は自らの仕事を監査してはならない。
    5. 監査の計画及び実施、記録の作成及び結果の報告に関する責任、並びに要求事項を規定しなければならない。また、監査及びその結果の記録は、維持しなければならない。
    6. 検出された不適合及びその原因を除去するために遅滞なく、必要な修正及び是正処置すべてが取られることを確実にしなければならない。
    7. フォローアップにはとられた処置の検証及び検証結果の報告を含めなければならない。
8.2.3 プロセスの監視及び測定

当グループは、品質マネジメントシステムのプロセスの監視、及び適用可能な場合に行う測定には、適切な方法を適用しなければならない。これらの方法は、プロセスが計画どおりの結果を達成する能力があることを実証するものでなければならない。計画どおりの結果が達成できない場合には、適切に、修正及び是正処置をとらなければならない。

8.2.4 製品の監視及び測定
  1. 当グループは、製品実現プロセスの適切な段階で、製品が要求事項を満たしていることを検証しなければならない。なお、検証は、『付表-9,22,23,24 製品監視・測定プロセス』に従い実施しなければならない。
  2. 検証後、適合品である証拠を残し、記録を維持し、各検証記録には担当者も明記しなければならない。
  3. 社内処理における次工程への引渡し及び顧客への製品の引渡しは、製品の実現の計画で決めたことが問題なく完了するまで、行ってはならない。
8.3 不適合製品の管理

当グループは、不適合品が誤って使用されたり、引き渡されたりすることを防止するため、要求事項に適合しない製品を識別し、管理する手順を『不適合製品管理規定』も定め、実施し、維持しなければならない。

  1. 該当する場合には、以下の1つ又はそれ以上の方法で、不適合製品を処理しなければならない。
    1. 『不適合製品管理規定』に基づき、検出された不適合を除去、または手直しする処置をとる。
    2. 本来の意図された使用又は、適用が出来ないような処置をとる。(破棄することを含む)
    3. 引越し後又は使用開始後に不適合品が検出された場合には、その不適合による影響又は起こり得る影響に対して適切な処置をとる。
  2. 『不適合製品管理規定』に基づき、不適合品に修正を施した場合には、要求事項への適合を実証するための再検証を行わなければならない。
  3. 当グループでは特別採用に該当する処置はありえない。
8.4 データの分析

当グループは、品質マネジメントシステムの適切性及び有効性を実証するため、また、品質マネジメントシステムの有効性の継続的な改善の可能性を評価するため適切なデータを明確にし、それらのデータを収集し、分析しなければならない。この中には、監視及び測定の結果から得られたデータ並びにそれ以外の該当する情報源からのデータを含めなければならない。

8.5 改善
8.5.1 継続的改善

当グループは、品質方針、品質目標、監査結果、データの分析、是正処置、予防処置及びマネジメント・レビューを通じて、品質マネジメントシステムの有効性を継続的に改善しなければならない。

8.5.2 是正処置

当グループは、再発防止のため、不適合の原因を除去する処置をとらなければならない。是正処置は、検出された不適合のもつ影響に応じたものでなければならない。
以下の事項に関する要求事項を『是正処置・予防処置管理規定』に定め、実施しなければならない。

  1. 不適合(顧客苦情を含む)の内容確認
  2. 不適合の原因の特定
  3. 不適合の再発を防止するための処置の必要性の評価
  4. 必要な処置の決定及び実施
  5. 実施した処置の結果の記録
  6. 実施した是正処置の有効性の見直し
8.5.3 予防処置

当グループは、不適合の発生を防止するために、起こりうる問題に対して適切な予防処置をとる手順を、以下の事項も含め『是正処置・予防処置管理規定』に定め、実施しなければならない。また、マネジメント・レビューへの情報として活用しなければならない。

  1. 起こり得る不適合及びその原因の特定
  2. 不適合の発生を予防するための処置の必要性の評価
  3. 必要な処置の決定及び実施
  4. 実施した処置の結果の記録
  5. 実施した予防処置の有効性の見直し

前ページへ

ISO取得

資料請求

ウェンディネット

お知らせネット

全国一のマンション管理網

ISO取得

管理委託契約書

重要事項調査依頼受付

ページトップへ戻る

マンション管理の合人社計画研究所 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 関連グループ一覧