ISO9001品質マニュアル

6.資源の運用管理

6.1 資源の提供

当グループは、以下の事項に必要な経営資源を明確にし、提供しなければならない。

  1. 品質マネジメントシステムを実施、維持し、その有効性を継続的に改善する。
  2. 顧客満足を顧客要求事項を満たすことによって向上する。
6.2 人的資源
6.2.1  一般

品質マネジメントシステムにおいては、適切な教育、訓練、技能及び経験等を判断の根拠とし、力量のある要員を配置しなければならない。

6.2.2 力量、教育・訓練及び認識

当グループは、『教育訓練規定』に従い、以下の事項を実施しなければならない。

  1. 製品要求事項への適合に影響を及ぼす仕事に従事する社員に必要な力量を明確にする。
  2. 該当する場合には(必要な力量が不足している場合には)、その必要な力量に到達することができるように教育・訓練等を行う(講習の受講機会の付与、説明会の開催等)か、又は他の処置をとる。
  3. 実施した教育・訓練等の有効性を評価する。
  4. 社員が自らの活動のもつ意味及び重要性を認識し、品質目標達成に向けて自らがどのように貢献できるかを認識させる。
  5. 教育、訓練について該当する記録を維持する。
6.3 インフラストラクチャー

当グループが、製品要求事項への適合性を達成するために必要とするインフラストラクチャーを明確にし、提供し、維持しなければならない。インフラストラクチャーとしては、以下のようなものが該当する場合がある。

  1. 会計業務、出納業務、総合管理業務(フロント・管理員)、請負工事業務、大規模修繕コンサルタント業務、定期清掃・設備管理業務、保険代理店業務、リース業務に関わるハードウェア及びソフトウェアの維持管理。
  2. データのメンテナンス及びバックアップ
  3. 金庫(顧客所有物の管理)
  4. 研修室
6.4 作業環境

当グループは、製品要求事項への適合を達成するために必要な作業環境を明確にし、運営管理しなければならない。特に、ハードウェアの維持管理のために、サーバー室の温度管理を行う。

前ページへ 次ページへ

ISO取得

資料請求

ウェンディネット

お知らせネット

全国一のマンション管理網

ISO取得

管理委託契約書

重要事項調査依頼受付

ページトップへ戻る

マンション管理の合人社計画研究所 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 関連グループ一覧