ISO9001品質マニュアル

5.経営者の責任

5.1 経営者のコミットメント

代表取締役は、品質マネジメントシステムの構築及び実施、並びにその有効性を継続的に改善することに対するコミットメントの証拠を、次の事項によって示さなければならない。

  1. 法令・規制要求事項を満たすことは当然のこととして、顧客要求事項を満たすことの重要性を全社員に周知する。
  2. 品質方針を設定する。
  3. 各プロセス及び各部署の品質目標を設定する。
  4. マネジメント・レビューを実施する。
  5. 必要な経営資源を確実に使用できるようにする。
5.2 顧客重視

代表取締役は、顧客満足の向上を目指し、顧客の要求事項が決定され、満たされていることを確実にしなければならない。

5.3 品質方針

代表取締役は、品質方針について、以下の事項を確実にしなければならない。

  1. 当グループの目的に対して適切である。
  2. 要求事項への適合及び品質マネジメントシステムの有効性の継続的な改善に対するコミットメントを含む。
  3. 「品質目標」の設定及び見直しのための枠組みを与える。
  4. 社内メール、WEB等により、全社員に伝達、理解させる。
  5. 顧客のニーズに合わせ、継続的に見直す。
  6. 適切性の持続のために見直しをされる。
5.4 計画
5.4.1 品質目標

代表取締役は、品質マネジメントシステムに関わる各プロセスに「品質目標」が設定されていることを確実にしなければならない。
各プロセスオーナーは、製品要求事項を満たすために必要なものを含む「品質目標」が設定されていることを確実にしなければならない。「品質目標」はその達成度が判定可能で、「品質方針」との整合がとれていなければならない。

5.4.2 品質マネジメントシステムの計画

代表取締役は、次の事項を確実にしなければならない。

  1. 「品質目標」に加えて4.1に規定する要求事項を満たすために、品質マネジメントシステムの計画を策定する。
  2. 品質マネジメントシステムの変更を計画し、実施する場合には、品質マニュアルと各規定類との整合性が保たれるよう、品質マネジメントシステムを“完全に整っている状態”に維持する。
5.5 責任、権限及びコミュニケーション
5.5.1 責任及び権限

代表取締役は品質マネジメントを効果的に促進するため、組織機能と責任及び権限を『図表-2 組織機能表』に、またその相互関係を『付表-4 品質マネジメントシステム キープロセスと関連部門のマトリックス』に定め、全社員に周知しなければならない。

5.5.2 品質管理責任者

代表取締役は、品質管理責任者を任命しなければならない。品質管理責任者は、与えられている他の責任とかかわりなく、以下に示す責任と権限をもたなければならない。

  1. 品質マネジメントシステムに必要なプロセスの確立、実施、維持。
  2. 品質マネジメントシステムの成果を含む実施状況及び改善の必要性の有無について、代表取締役への報告。
  3. 全社員に、顧客要求事項に対する認識を高める。
5.5.3 内部コミュニケーション

代表取締役は、品質マネジメントシステムの有効性に関しての情報交換が行われることを確実にしなければならない。品質マネジメントシステムの有効性に関しての情報交換を行うため、以下の項目を利用し活用する。

  1. 経営会議
  2. 営業会議
  3. 各部署における会議
  4. 社内メール
5.6 マネジメント・レビュー
5.6.1 一般
  1. 代表取締役は、品質マネジメントシステムが、引き続き、適切、妥当かつ有効とするため、代表取締役が必要と認めた都度(最低年一回)、品質マネジメントシステムの見直しを行わなければならない。
  2. マネジメント・レビューでは、改善の機会の評価、並びに品質方針及び品質目標を含む品質マネジメントシステムの変更の必要性の評価を行わなければならない。
  3. マネジメント・レビューの結果の記録は、維持しなければならない。
5.6.2 マネジメント・レビューへのインプット

マネジメント・レビューのインプットには、以下の情報を含めなければならない。

  1. 内部及び外部の監査結果
  2. クレームを含む顧客からのフィードバック
  3. プロセスの成果を含む実施状況及び製品の適合性(不適合製品の発生状況)
  4. 予防処置及び是正処置の状況
  5. 前回までのマネジメント・レビューの結果に対するフォローアップ
  6. 品質マネジメントシステムに影響を及ぼす可能性のある変更(法令、省令、通達、あるいは組織改定などの変更)
  7. 改善のための提案
5.6.3 マネジメント・レビューからのアウトプット

マネジメント・レビューからのアウトプットには、以下の事項に関する決定及び処置すべてを含めなければならない。

  1. 品質マネジメントシステム及びそのプロセスの有効性の改善(よりよい仕事の進め方)
  2. 顧客要求事項にかかわる、製品の改善(よりよい製品作り)
  3. 経営資源の必要性(人、金、物等の有効活用及びその補充)

前ページへ 次ページへ

ISO取得

資料請求

ウェンディネット

お知らせネット

全国一のマンション管理網

ISO取得

管理委託契約書

重要事項調査依頼受付

ページトップへ戻る

マンション管理の合人社計画研究所 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 関連グループ一覧