ISO27001マニュアル

|発行日2014年7月11日|版数:7|

10.改善

10.1 不適合及び是正処置

 不適合が発生した場合、当社は、次の事項を行う。

 是正処置は、検出された不適合のもつ影響に応じたものとする。

 当社は、次に示す事項の証拠として、文書化した情報を保持する。

f.不適合の性質及びとった処置
g.是正処置の結果

10.2 継続的改善

 当社は、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の適切性、妥当性及び有効性を継続的に改善するために、以下の活動を行う。
(1) ISMSの実施状況の監視、見直し結果(外部/内部監査結果、日常点検、顧客要求など)に基づく是正処置の実施
(2) 当社ISMSの枠組みについての見直しによる改善(マネジメントレビュー、文書の見直し)
(3) セキュリティ目標の達成と、さらなるセキュリティレベルの向上を目指した目標の設定
(4) 外部及び内部の課題の変化に即応したリスク対応(リスクアセスメント、リスク対応計画の見直しなど)

以上

前ページへ 次ページへ

ISO取得

資料請求

ウェンディネット

お知らせネット

全国一のマンション管理網

ISO取得

管理委託契約書

重要事項調査依頼受付

ページトップへ戻る

マンション管理の合人社計画研究所 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 関連グループ一覧