法律トラブル相談集

管理業務の委託

預金口座の名義変更について
 理事長をしています。マンションの管理を委託している管理会社が、他の管理会社に吸収合併されたとの通知を受けました。今後の管理組合と管理会社との委託契約はどうなるのでしょうか。

answer

 管理組合と契約している管理会社が他の管理会社に吸収合併された場合、従前の管理会社は消滅(解散)となります(会社法第四七一条第四号)。
 そして同法第七五〇条では『吸収合併存続会社(以下、存続会社)は、効力発生日に、吸収合併消滅会社(以下、消滅会社)の権利義務を承継する。』とあります。したがって、管理組合と消滅会社との委託契約は、吸収合併の効力発生日をもって、当然に存続会社が引き継ぐこととなります。また、国土交通省が定めるマンション標準管理委託契約書においても、合併による管理会社の消滅は契約の解除事由に含まれていません。
 管理組合と管理会社との委託契約がマンション管理の適正化の推進に関する法律の適用を受ける契約である場合においても、吸収合併は存続会社が消滅会社の権利・義務の一切を包括承継することから、存続会社は改めて管理組合と委託契約を締結する必要もなく、重要事項説明をする必要はありません。
 なお、事業譲渡により管理組合との委託契約上の地位が新旧の管理会社間で承継される場合、新管理会社による重要事項説明が必要です。 
 事業譲渡は特定承継であり、旧管理会社と管理組合との委託契約に係る権利・義務がそのまま新管理会社に承継されるものではないためです。 

編集/合人社計画研究所法務室
監修/桂・本田法律事務所本田兆司弁護士

法律トラブル相談集

資料請求

ウェンディネット

お知らせネット

全国一のマンション管理網

ISO取得

管理委託契約書

重要事項調査依頼受付

ページトップへ戻る

マンション管理の合人社計画研究所 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 関連グループ一覧