法律トラブル相談集

管理業務の委託

管理員業務について
 私たちのマンションでは、管理員が常駐して、清掃や来客対応をしてくれています。入居者としては管理員にどこまでのことをお願いしてよいのでしょうか。また、管理員はどのような責任を負うのでしょうか。

answer

 管理会社と管理委託契約を結び、業務を委託する管理形態では通常、管理員は管理会社より派遣されます。この場合、管理員は管理会社の職員であり、管理組合との間に直接雇用関係があるわけではありません。管理員は管理会社と管理組合との間で結ばれた管理委託契約書に定められた業務を行い、その範囲内で責任を負います。
 管理員の業務内容は、管理委託契約の内容によってマンションごとに異なりますが、標準的には以下のような業務があげられます。

(1)受付などの業務・・・共用部分の鍵の保管・貸出、備品管理、官公庁との連絡、通知事項の掲示、入退去届出の受理
(2)点検業務(補助)・・・建物・諸設備・諸施設の点検、照明の点灯・消灯、管球類の点検
(3)設備監視業務・・・諸設備の運転・作業状況の点検と記録(補助)、各種警報装置の監視・非常時の対応(補助)、各種メーター点検
(4)確認業務・・・諸設備の保守点検・共用部分の営繕工事・清掃業務などの確認
(5)報告連絡業務・・・定時連絡、緊急時連絡、日誌の記録
(6)管理補助業務・・・防火管理業務の補助、未収納金督促の補助、清掃業務

 管理員は、敷地と共用部分の管理のための現地スタッフです。前記の業務に関することは管理員に気軽に相談すればよいでしょう。管理員不在時や管理員に対するクレームについては、管理会社の担当者へ直接連絡して下さい。
 管理員の責任についてですが、管理員がその職務執行にあたって、管理組合または区分所有者に損害を与えたときは、管理会社が使用者として管理員と共に損害を賠償すべき責任を負うこととなります(民法第七一五条)。

編集/合人社計画研究所法務室
監修/桂・本田法律事務所本田兆司弁護士

法律トラブル相談集

資料請求

ウェンディネット

お知らせネット

全国一のマンション管理網

ISO取得

管理委託契約書

重要事項調査依頼受付

ページトップへ戻る

マンション管理の合人社計画研究所 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 関連グループ一覧