法律トラブル相談集

売買及び賃貸に関すること

壁紙の張り替え費用を賃借人に負担させることができるか
 所有するマンションの一室を賃貸に出していたのですが、この度退去することになりました。
 部屋の状態を確認したところ、壁に画びょうの跡が無数にあり、ポスターの跡も残っているため、全面的に壁紙の張り替えが必要です。壁紙の張り替え費用を賃借人に負担させることはできますか。

answer

 国土交通省が二〇一一年八月に再改訂版を公表した『原状回復をめぐるトラブルとガイドライン』によれば、画びょうの穴程度のものは賃借人の負担にはならないとされています。
 また、ポスター等の日焼け跡についても同様に賃借人の負担ではないとされています。
 同ガイドラインの基本的な考え方は、設備の経年劣化や通常の生活で発生する損耗は賃借人が負担するものではないとされています。
 一方で、賃借人に過失のある場合については賃借人の負担となるものと考えられます。
 例えば、釘やネジで壁の深くまで穴をあけたことにより、下地ボードの張り替えが必要となる場合がそれに該当します。
 ただし、ガイドラインはあくまで一般的な基準にすぎませんから、契約書で合意した内容がまず適用されますので、今回の壁紙張り替え費用の負担者は、賃借人と締結した契約書の内容によることになり、契約で合意のない場合は、ガイドラインに準拠して判断することになると考えられます。

編集/合人社計画研究所法務室
監修/桂・本田法律事務所本田兆司弁護士

法律トラブル相談集

資料請求

ウェンディネット

お知らせネット

全国一のマンション管理網

ISO取得

管理委託契約書

重要事項調査依頼受付

ページトップへ戻る

マンション管理の合人社計画研究所 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 関連グループ一覧