法律トラブル相談集

売買及び賃貸に関すること

手付金を支払ったが
 マンションの購入契約をして宅建業者に手付金を支払いました。しかし、別に安いマンションが見つかり、そちらを購入したいので、以前の契約を解除しようと思います。その場合、手付金はどうなるのでしょうか。

answer

 手付金は不動産購入契約にはつきもので、契約が成立した証拠としての証約手付の他、一般的には違約手付・解約手付と称されるものがあります。違約手付とは相手方に契約違反があった場合、損害賠償予定額として没収できるものです。次に解約手付とは支払った手付の放棄、又は受け取った手付の倍額を返還することによって契約が解除できるものです。俗に言う「手付流し」「手付倍返し」がこれにあたります。
 契約書で手付金の取扱いについて明記してあるはずですが、特に宅建業者が売主であるときはどんな手付でも解約手付とみなされます。
 さて、本件は宅建業者との売買ですから解約手付の性格を有しますので、買主から契約解除する場合は、手付金を放棄することになります。ただし、手付金として宅建業者が受領できるのは代金の二割までと制限されていますので、それを越えた額は内金となり、返還請求できます。
 問いのケースで、売主が宅建業者でない場合は、違約手付の場合もありますので、契約条項はよく注意して読んでください。尚、ローンが借りられたら買いたい(ローン特約)、現所有物件の売却資金で買いたい(買換え特約)という場合には、ローンや買換えができないとき解約できる旨の特約を入れておけば、手付の返還請求ができます。

編集/合人社計画研究所法務室
監修/桂・本田法律事務所本田兆司弁護士

法律トラブル相談集

資料請求

ウェンディネット

お知らせネット

全国一のマンション管理網

ISO取得

管理委託契約書

重要事項調査依頼受付

ページトップへ戻る

マンション管理の合人社計画研究所 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 関連グループ一覧