法律トラブル相談集

売買及び賃貸に関すること

中古マンションを購入する場合の注意点は
 中古マンションを買う場合、注意すべき点を教えてください。

answer

 マンションを購入する場合は広さや間取り、外観や立地条件に重点が置かれがちですが、実際に居住して快適な生活が送れるか否かは管理の良し悪しにかかっているといえるでしょう。中古マンションを購入する場合に注意すべき点をいくつかあげてみます。
(1)管理規約が設定され、規約に基づき管理組合が公正に運営されているか
  管理規約及び総会議事録は保管場所を明示して利害関係者に閲覧させることとなっています。管理規約の内容や過去の総会での決定事項について確認されると良いでしょう。
(2)管理費等の未納はないか
 管理費、修繕積立金等を前の区分所有者が滞納していた場合、仮にあなたがそれを知らずにマンションを購入したとしても未納管理費等の支払について責任が発生します。宅地建物取引業者やマンションの管理会社に未納管理費の有無を確認してください。
(3)管理会社とその委託内容は
 「自主管理」で清掃なども入居者で行うといったマンションもありますが、多くのマンションでは専門の管理会社に管理業務を委託しています。事務管理、会計管理業務まで含めて委託する「総合管理」か、設備点検や清掃業務に限って委託する「部分管理」なのか。委託管理の場合にはその内容をよく確認しておきましょう。また管理会社は信用と実績のある業者でしょうか。
(4)修繕計画と修繕基金
 マンションも古くなってくると屋上の防水や外壁の塗装などでまとまった資金が必要となってきます。修繕基金が十分積立てられているかその残額について宅地建物取引業者に確認してください。長期修繕計画が作成され、それに基づいて資金計画が立てられていれば安心です。

編集/合人社計画研究所法務室
監修/桂・本田法律事務所本田兆司弁護士

法律トラブル相談集

資料請求

ウェンディネット

お知らせネット

全国一のマンション管理網

ISO取得

管理委託契約書

重要事項調査依頼受付

ページトップへ戻る

マンション管理の合人社計画研究所 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 関連グループ一覧