法律トラブル相談集

共用部分のトラブル

来客用駐車場の独占的使用対策について
 マンションの区分所有者です。集合郵便受けのダイヤル錠が故障してしまいました。原因は、長年使用したことによる経年劣化のようです。ダイヤル錠を交換する費用を管理組合に請求することはできますか?なお、当マンションの管理規約は標準管理規約に準じています。

answer

 集合郵便受けは共用部分ではありますが、各住戸がそれぞれの郵便受けを専用使用していることから、標準管理規約第14条に定める「区分所有者が専用使用権を有するバルコニー等」に準ずる部分といえます。また、標準管理規約21条第1項では、「バルコニー等の保存行為のうち、通常の使用に伴うものについては、専用使用権を有する者がその責任と負担においてこれを行わなければならない。」と定められています。
 これらにより、集合郵便受けのダイヤル錠の交換は専用使用部分の保存行為と考えられ、当該住戸の区分所有者が負担することが適切と考えられます。
 しかしながら、標準管理規約では、集合郵便受けのダイヤル錠交換費用の負担者を明確に定めているものではありません。管理組合の実情に応じて、負担者を明確にしておくことも考えられるでしょう。

編集/合人社計画研究所法務室
監修/桂・本田法律事務所本田兆司弁護士

法律トラブル相談集

資料請求

ウェンディネット

お知らせネット

全国一のマンション管理網

ISO取得

管理委託契約書

重要事項調査依頼受付

ページトップへ戻る

マンション管理の合人社計画研究所 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 関連グループ一覧