法律トラブル相談集

共用部分のトラブル

来客用駐車場の独占的使用対策について
 機械式駐車場の地下部分に駐車していた車両が、上段駐車区画に積もった雪が溶けたことにより発生した漏水によって、染みがつき汚れたとして、車両の所有者から管理組合に対して塗装修理費用を請求されました。
 この機械式駐車場は複数箇所でたびたび漏水が発生していましたが、管理組合の資金不足のため修繕工事は見送り、除雪を求めたり、シート保護を依頼したりという各自での対策を案内していました。管理組合は修理費用を支払う必要はあるのでしょうか。

answer

 民法第七一七条は、「土地の工作物の設置又は保存に瑕疵があることによって他人に損害を生じたときは、その工作物の占有者は、被害者に対してその損害を賠償する責任を負う」と規定しています。本問の機械式駐車場は管理組合が所有し、占有する設備と思われますので、漏水箇所の修繕を実施していなかったことが「保存に瑕疵があった」として不法行為責任を問われる可能性があります。そして、本問の場合、管理組合が駐車場使用組合員に対し、漏水対策を促していたとのことですが、「保存の瑕疵」に対する注意義務を果たしていたとはいえないと思われます。
 しかし、仮に損害賠償が認められたとしても、車両の所有者自身が漏水による汚れ対策をとっていないことにも起因すると考えられ、損害の一部を過失相殺されることも考えられます。そして、今回の事故は漏水による汚れということですから、損害の程度もそれほど多額な修理費用ではないと思われますので、話し合いによって解決するのが良いと思います。
 これらのことを考えると、管理組合はこの状態を放置しておくと、今後もトラブル発生の原因となりますので、金融機関より融資を受けるなどの方法で資金調達を行い、修繕工事を行うことをお勧めします。

編集/合人社計画研究所法務室
監修/桂・本田法律事務所本田兆司弁護士

法律トラブル相談集

資料請求

ウェンディネット

お知らせネット

全国一のマンション管理網

ISO取得

管理委託契約書

重要事項調査依頼受付

ページトップへ戻る

マンション管理の合人社計画研究所 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 関連グループ一覧