法律トラブル相談集

共用部分のトラブル

来客用駐車場の独占的使用対策について
 理事長をしています。当マンションの区分所有者から玄関扉にもう一つ鍵を付けたいが自身で取り付けても問題ないかと問い合わせがありました。管理組合としてはどのように対処すれば良いでしょうか。当マンションの規約は標準管理規約に準じています。

answer

 標準管理規約では、第七条(専有部分の範囲)第二項にて、「玄関扉は、錠及び内部塗装部分を専有部分とする」と定めており、玄関扉自体は共用部分とされています。よって、玄関扉に穴を開け新たに鍵を設置する行為は、共用部分を変更する行為にあたるため、管理組合の承諾なく行うことはできません。
 また、標準管理規約第二二条(窓ガラス等の改良)では、「玄関扉その他の開口部に係る改良工事であって、防犯等、住宅の性能の向上等に資するものについて、管理組合が速やかに実施できない場合には、当該工事を各区分所有者の責任と負担において実施することについて、細則を定めるものとする」と定めています。
 今回のケースでは、まず管理組合として玄関扉に鍵を追加設置する場合の細則を定めることが一つの方法といえるでしょう。外観の調和等を考慮し、一定の位置・形状・仕様等を定め、その細則に沿った設置申請であれば許可するという運用を行うとよいでしょう。

編集/合人社計画研究所法務室
監修/桂・本田法律事務所本田兆司弁護士

法律トラブル相談集

資料請求

ウェンディネット

お知らせネット

全国一のマンション管理網

ISO取得

管理委託契約書

重要事項調査依頼受付

ページトップへ戻る

マンション管理の合人社計画研究所 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 関連グループ一覧