法律トラブル相談集

共用部分のトラブル

来客用駐車場の独占的使用対策について
 理事長をしています。マンションの店舗部分の区分所有者が、当該店舗の売却を予定しています。当管理組合にて店舗部分を購入し、集会室などの共用スペースとして運用できないか検討していますが、法的な問題がありますか。

answer

 管理組合名義で不動産を購入するためには、管理組合の法人化が必要となります。区分所有法では、管理組合を法人化するためには区分所有者および議決権の各四分の三以上の賛成を必要とする総会決議事項とされています(区分所有法第四七条)。
 また、購入した店舗を集会室などの共用部分として管理していくには、当該店舗を管理規約で定める規約共用部分に変更したうえで、規約共用部分たる旨の登記をする必要があります。なお、専有部分を規約共用部分に変更することは管理規約の変更にあたるため、この場合においても総会で区分所有者および議決権の各四分の三以上の賛成が必要な特別決議事項となります(区分所有法第三一条)。

編集/合人社計画研究所法務室
監修/桂・本田法律事務所本田兆司弁護士

法律トラブル相談集

資料請求

ウェンディネット

お知らせネット

全国一のマンション管理網

ISO取得

管理委託契約書

重要事項調査依頼受付

ページトップへ戻る

マンション管理の合人社計画研究所 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 関連グループ一覧