法律トラブル相談集

共用部分のトラブル

敷地内での餌付け行為をやめさせることはできないのしょうか
 マンションの敷地内で、のら猫に餌付けをする居住者がいます。最近では、敷地内にたくさんののら猫が徘徊するようになり、鳴き声や糞などの悪臭、ゴミ荒らしに悩まされています。餌付け行為をやめさせることはできないのでしょうか?

answer

 本問と同種事例と考えられる事件として、マンションの居住者がマンションのベランダで野鳥(野鳩)の餌付けや飼育を継続的に行い、このことによる汚損、悪臭、騒音等が問題となり、裁判になって判決が言い渡された事件(東京地裁平成七年一一月二一日判決)があります。
 この事件では、野鳩の餌付け行為等が区分所有法六条一項の「区分所有者は、建物の保存に有害な行為その他建物の管理又は使用に関し区分所有者の共同の利益に反する行為をしてはならない」との規定に違反するかなどが争点となりました。
 この判決では、「数年間にわたり本件専有部分において野鳩の餌付け及び飼育をし、これらの行為を原因としてマンション及びその付近に野鳩が撒き散らす糞、羽毛、羽音等により本件マンションの共同生活に著しい障害が生じている」と認定し、この行為が共同利益違反としての不法行為を構成すると認定し、専有部分の明渡しと損害賠償とを認めました。
 本問の事案も、敷地内での継続的な餌付け行為のためにのら猫が徘徊し、「鳴き声や糞などの悪臭、ゴミ荒らし」が生じているという事実によれば、餌付け行為が共同の利益に反する行為に該当すると考えられますので、管理組合としては、区分所有者に対して餌付け行為の停止を求める申し入れをするのがよいでしょう。

編集/合人社計画研究所法務室
監修/桂・本田法律事務所本田兆司弁護士

法律トラブル相談集

資料請求

ウェンディネット

お知らせネット

全国一のマンション管理網

ISO取得

管理委託契約書

重要事項調査依頼受付

ページトップへ戻る

マンション管理の合人社計画研究所 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 関連グループ一覧