法律トラブル相談集

共用部分のトラブル

のら猫の管理の責任は管理組合にあるか
 理事長です。ある住民の方から「のら猫に車を傷つけられて困るので処分してほしい。」と、連絡がありました。理事会で議題とする予定でしたが、次の理事会までにのら猫が車に傷をつけてしまったようで、車の所有者の方が「のら猫の処分を依頼したのに対策をとらなかったのはおかしい。管理組合に弁償請求をする。」と言っています。  この場合、管理組合に弁償義務はあるのですか。

answer

 管理組合が管理するマンションの駐車場といっても、いろいろな形態があります。 
 単に敷地の空地部分を白線で区画しただけのものから、敷地上に機械式の二層設備を設けたもの、パーキングタワー式のものもあります。他方で、完全に建物の中の一階や地階部分に駐車場を設けているものも見受けられます。
 それゆえ、管理組合が駐車場を管理する注意義務も、駐車場の形態によって異なってくると考えられます。
 一般的には、その駐車場が一切の害獣などの侵入を防ぐ構造で、シャッターつきといった設備をうたい文句に、高額な料金の設定がなされているような駐車場であれば別ですが、マンションによく見られる開放的な駐車場の場合には、仮にのら猫により自動車が傷つけられたとしても、管理組合が注意義務違反として責任を問われないと言えます。
 なお、車の所有者がのら猫によって車に傷をつけられたとしても、民法第七一八条は「動物の占有者はその動物が他人に加えた損害を賠償する責任を負う」と規定していますので、管理組合がのら猫の飼主や占有者であるわけはなく、のら猫の管理を怠ったという責任を問われることはありません。

編集/合人社計画研究所法務室
監修/桂・本田法律事務所本田兆司弁護士

法律トラブル相談集

資料請求

ウェンディネット

お知らせネット

全国一のマンション管理網

ISO取得

管理委託契約書

重要事項調査依頼受付

ページトップへ戻る

マンション管理の合人社計画研究所 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 関連グループ一覧