法律トラブル相談集

共用部分のトラブル

敷地内の不法駐車の対処法は
 マンション敷地内において、不法駐車が多発し困っています。どのような対処法がありますか。

answer

 昨今、駐車場が不足しているマンションでは、本件のような問題を抱えている物件は少なくないようです。まず始めに、マンション内は私有地なので道路交通法の適用外であるために、警察の協力は得にくいと考えたほうがよいでしょう。
 通常、張り紙などの警告で同一車両における不法駐車の再発は防止できます。それで効果がないようであれば、(1)現場の写真を撮り運輸支局で所有者を調査し、直接警告するという方法が考えられます。また、(2)車両に輪留めをかけ、申し出るまで車両を動かなくするという手段も考えられます。
 (1)の運輸支局への問い合わせは有料で、直接窓口へ出向かなければいけません。
 (2)は実行するにあたって、車両の所有者に対し、輪留めをしていることや輪留めをはずすために申し出ていただく旨を張り紙などで明確に告知することを怠ってはなりません。それに気づかず発進すれば、車輌が破損する恐れがあります。また、輪留めをはずせる者が常にマンション内にいること(管理人が常駐しているなど)に十分な配慮をする必要があるでしょう。
 紹介した方法は、マンションの入居者が加害者である場合は後々わだかまりを残しかねません。まずは不法駐車に関して文書配布や掲示・看板などで、管理組合としてこのような処置をとる準備があることをあらかじめ周知させておいて、不法駐車をしにくい状況にしていくことを第一に考えていくべきでしょう。

編集/合人社計画研究所法務室
監修/桂・本田法律事務所本田兆司弁護士

法律トラブル相談集

資料請求

ウェンディネット

お知らせネット

全国一のマンション管理網

ISO取得

管理委託契約書

重要事項調査依頼受付

ページトップへ戻る

マンション管理の合人社計画研究所 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 関連グループ一覧