法律トラブル相談集

専有部分のトラブル

「共同の利益に反する行為」とは
 「共同の利益に反する行為」とは、どんなものですか。

answer

 区分所有法第六条に、「区分所有者は、建物の保存に有害な行為その他建物の管理又は使用に関し区分所有者の共同の利益に反する行為をしてはならない」と規定しています。
 この「共同の利益に反する行為」とは、建物の保存に有害な行為、建物(敷地を含む)の適正な管理や使用に障害となる行為をさし、財産的な側面と共同生活に関する側面から見て、これらの利益を侵害する行為をいいます。
 これには、(1)換気装置を設置するために、建物外壁に開口部を設置するような、建物を不当に毀損(傷つけること)する行為、(2)建物内に重量物や危険物を運び込むなど、建物を不当に使用する行為、(3)平穏な住環境を破壊するニューサンス(一種の不法行為)が該当するとされています。
 事例としては、住居専用マンションをカラオケスナックに改造し騒音を発生させる行為や、組員がひんぱんに出入りする暴力団事務所として使用する行為はどちらも(2)と(3)に該当します。
 このような違反行為に対する対応策として、区分所有者はその違反行為の差し止め、場合によっては損害賠償を請求することもできます。
 また、管理組合はその違反行為の停止やその行為の結果の除去を請求したり、予防するための措置を取ることを請求できるほか、その違反行為が著しい場合には、総会の決議を得て、裁判で専有部分の使用禁止、競売の請求、占有者が賃借人である場合には、賃貸借契約の解除、専有部分の引渡しを請求することもできます。

編集/合人社計画研究所法務室
監修/桂・本田法律事務所本田兆司弁護士

法律トラブル相談集

資料請求

ウェンディネット

お知らせネット

全国一のマンション管理網

ISO取得

管理委託契約書

重要事項調査依頼受付

ページトップへ戻る

マンション管理の合人社計画研究所 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 関連グループ一覧