法律トラブル相談集

専有部分のトラブル

カラオケの騒音について
 マンションに店舗部分があり、最近その中にスナックが開業して、深夜までカラオケの音が鳴り響くので困っています。経営者に注意を呼び掛けても「営業妨害だ」といって受けつけてもらえません。管理組合としては、どのように対処したらいいのでしょうか。

answer

 カラオケ騒音の規制は年々進んでいるようです。昭和五六年二月に横浜地方裁判所が下した判例では、県公害防止条例の許容限度(四〇ホーン)内であっても、マンション内では、居住者の睡眠に与える影響の程度や地域性などを考慮して受忍限度を超えるとし、禁止する時間帯を設定しています。
 カラオケ騒音に限らず、マンションの騒音問題はデリケートで、しかも主観的な要素が強いのでトラブル解決が難しいのが現状のようです。管理組合が主体となった詳細なルールづくりが望まれます。

編集/合人社計画研究所法務室
監修/桂・本田法律事務所本田兆司弁護士

法律トラブル相談集

資料請求

ウェンディネット

お知らせネット

全国一のマンション管理網

ISO取得

管理委託契約書

重要事項調査依頼受付

ページトップへ戻る

マンション管理の合人社計画研究所 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 関連グループ一覧