法律トラブル相談集

管理費の滞納問題

勝訴判決を得た滞納管理費等について再度訴訟を提起できるか
 管理費等の長期滞納者の所有する専有部分が半年前に競売により落札されましたが、マンション敷地内の駐車区画に旧区分所有者(以下、「旧所有者」とします。)の車両(ナンバープレートがついている普通自動車)が放置されたままとなっています。旧所有者に放置車両の移動を要請しようとしましたが、所在不明で連絡がとれません。放置車両を撤去したいのですが、どのような手順で進めればよいでしょうか?なお、管理組合と旧所有者との間で取り交わした駐車場使用契約は、本マンションに区分所有権を有することを前提としており、区分所有権移転時に失効しています。

answer

 駐車場使用契約が失効しており、放置車両は駐車区画を不法に占拠していることとなります。このような車両を撤去するための手順を例示します。
(1)旧所有者に対し『駐車区画明け渡し並びに未払い管理費等および不法占拠に対する損害金の支払い』を請求する訴訟を提起します。
 旧所有者は所在不明ですので、公示送達の手続によって、訴状の送達の効力を発生させることとなります。
(2)勝訴判決を取得します。
(3)車両の差押え(競売手続き)について裁判所に申し立てます。
 損害金支払いの勝訴判決に基づいて、放置車両の競売を申し立て、放置車両の価値が競売手続きの費用を上回る場合、競売手続きが進められ、落札者が放置車両を落札して持ち帰ることとなり、落札者がいなければ管理組合が落札し、その後売却や廃棄することで目的が達成されます。
 放置車両の価値が競売手続きの費用をまかなうことができないと判断された場合、裁判所は競売手続きを取り消します。
(以下、競売手続きが取り消された場合)
(4)駐車場明け渡しの強制執行を裁判所に申し立てます。
 明け渡しの勝訴判決に基づいて、明け渡しの強制執行を申し立てますが、執行官に放置車両について「無価値」であるかどうかを判定してもらいます。
 競売が取り消されたことに照らして、執行官が「無価値」と判定されると思われ、その無価値物の処分は債権者(管理組合)に委ねるのが一般的です。
(5)放置車両の廃棄処分を行います。
 廃車手続きが必要ですので、専門業者に手続きを依頼し、放置車両を引き取ってもらうことで目的が達成されます。
 これらの手続きは、非常に煩雑で、ケースによって必要な対応も異なり、かつ、多くの時間と手間を要しますので、弁護士等の専門家に相談されることをお勧めします。

編集/合人社計画研究所法務室
監修/桂・本田法律事務所本田兆司弁護士

法律トラブル相談集

資料請求

ウェンディネット

お知らせネット

全国一のマンション管理網

ISO取得

管理委託契約書

重要事項調査依頼受付

ページトップへ戻る

マンション管理の合人社計画研究所 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 関連グループ一覧