法律トラブル相談集

管理費の滞納問題

勝訴判決を得た滞納管理費等について再度訴訟を提起できるか
 リゾートマンションの理事長をしています。管理費の高額滞納者に対してマンション内のプール施設の使用禁止を検討しているのですが、理事会の決議をもって使用禁止とすることに問題があるでしょうか?当マンション管理規約では、「理事長は、理事会の決議を経て、義務違反者に対し必要な勧告又は指示若しくは警告を行うことができる」という定めがあります。

answer

 共用部分の使用方法を定めることは、管理組合の自治に委ねられている事項であり、エントランスホールの使用禁止といったような公序良俗に反するものでなければ、使用禁止について定めることは問題ないでしょう。
 しかしながら、共用部分の使用禁止については、前もって管理規約等にて定めておくことが一般的です。今回のケースでは、総会にて「○カ月以上の管理費を滞納する者はプール施設を利用できない」という使用細則を制定する決議をし、使用細則を定めておくことが求められます。
 なお、当然ながら理事会としてはプール施設の利用を禁止する前に、滞納者への督促を十分に行う等、滞納金の回収に向けた努力を行うことが必要です。

編集/合人社計画研究所法務室
監修/桂・本田法律事務所本田兆司弁護士

法律トラブル相談集

資料請求

ウェンディネット

お知らせネット

全国一のマンション管理網

ISO取得

管理委託契約書

重要事項調査依頼受付

ページトップへ戻る

マンション管理の合人社計画研究所 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 関連グループ一覧