法律トラブル相談集

管理費の滞納問題

勝訴判決を得た滞納管理費等について再度訴訟を提起できるか
 競売で分譲マンションの一区分を購入しました。前所有者の管理費等滞納分について管理組合から請求がきたので、管理組合に納入しました。私が支払った管理費等の滞納分を、前所有者に請求できるでしょうか。

answer

 新所有者が前所有者の滞納管理費等を管理組合に納入した場合、新所有者は前所有者に対して求償することが認められています(東京高裁判決 平成一七年三月三〇日)。
 ただし、前所有者が破産している場合は、破産法に基づく免責が適用されます。
(1)滞納管理費等が免責される場合
・破産手続き開始決定前に発生した滞納管理費等は、免責されます(破産法第二条第五項に定める「破産債権」に該当します)。
・競売物件が破産管財人の管理下にある期間に発生した滞納管理費等は、免責されます(破産法第一四八条第一項第二号に定める「財団債権」に該当します)。
(2)滞納管理費等が免責されない場合
・競売物件に余剰価値がない等の理由で破産管財人が財産放棄し、競売物件が破産者の財産に戻った場合、それ以降に発生した滞納管理費等は、免責されません(破産法第七八条第二項第一二号に定める「自由財産」に該当します)。
 よって、新所有者より破産した前所有者に求償できるのは、上述の(2)に該当する滞納管理費等に限られますので、前記所有者が破産をしている場合は注意をしてください。

編集/合人社計画研究所法務室
監修/桂・本田法律事務所本田兆司弁護士

法律トラブル相談集

資料請求

ウェンディネット

お知らせネット

全国一のマンション管理網

ISO取得

管理委託契約書

重要事項調査依頼受付

ページトップへ戻る

マンション管理の合人社計画研究所 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 関連グループ一覧