法律トラブル相談集

管理費の滞納問題

専有部分の所有者と登記簿上の所有者が異なる場合の管理費等の請求について
 理事長をしています。管理費等の滞納者A氏に対し訴訟を提起するため登記簿を取得したところ、登記簿上の所有者はB氏となっていました。訴訟の申立てはA氏・B氏のどちらを相手に行えばよいですか。また今後の管理費等はどちらに請求すべきでしょうか。
※A氏は管理組合にB氏より所有権を譲り受けた旨の届出をし、管理費等を支払った実績もあります。

answer

 管理費の支払義務は登記の有無に関わらず、真の所有者にあります。
 本問では、管理組合に組合員としての届出書の提出も、管理費等の支払もA氏によってなされていることから、当該区分の真の所有者はA氏であるといえます。したがって、管理組合が訴訟にて管理費等の滞納額の支払を請求する相手方(被告)はA氏になります。また、今後新たに発生する管理費等についても引き続きA氏に請求していけばよいでしょう。
 ちなみに、訴訟の申立ての際に被告が該当区分の所有者であることを証するため、登記簿の提出が必要ですが、本問においては、登記簿に添えてA氏から管理組合に提出された所有権を譲り受けた旨の届出書を提出する必要があります。

編集/合人社計画研究所法務室
監修/桂・本田法律事務所本田兆司弁護士

法律トラブル相談集

資料請求

ウェンディネット

お知らせネット

全国一のマンション管理網

ISO取得

管理委託契約書

重要事項調査依頼受付

ページトップへ戻る

マンション管理の合人社計画研究所 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 関連グループ一覧