法律トラブル相談集

管理費の滞納問題

少額訴訟制度について

 管理組合の理事長をしています。組合員の中に八〇万円の高額滞納者がおり、少額訴訟制度を利用したいのですが、少額訴訟制度を利用するには限度額が六〇万円以下と聞きました。六〇万円と二〇万円にわけて訴訟を行うことはできるのでしょうか。


answer

 少額訴訟制度とは、現在の滞納金額が六〇万円以下(元本のみ。遅延損害金は含まない)の金銭の支払い請求の際に利用できる制度です。原則として一日で審理を完了し、直ちに判決が言い渡されます。判決に対しては同じ簡易裁判所に異議の申し立てができるだけで地方裁判所への控訴はできないことになっています。また、この制度の利用回数は年間一〇回以内に制限されています。
 基本的に管理費等の滞納額が六〇万円以下(元本のみ。遅延損害金は含まない)であれば訴訟を提起することは可能です。本問の場合、八〇万円の支払いを請求する訳ですから、六〇万円と二〇万円の二回にわけて訴訟を提起することは可能です。しかし、請求額が一部請求であることから、裁判所が通常訴訟への移行を求めることもあり、また二回にわけて訴訟を提起するには、手間と労力を要しますので、一四〇万円以下の管理費等の滞納額であるならば、即日判決という訳にはいきませんが、簡易裁判所(一四〇万円を超える場合であれば地方裁判所)で通常の訴訟を提起するのも一つの方策です。

編集/合人社計画研究所法務室
監修/桂・本田法律事務所本田兆司弁護士

法律トラブル相談集

資料請求

ウェンディネット

お知らせネット

全国一のマンション管理網

ISO取得

管理委託契約書

重要事項調査依頼受付

ページトップへ戻る

マンション管理の合人社計画研究所 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 関連グループ一覧