法律トラブル相談集

管理費の滞納問題

一旦通知した総会議案を取り下げることは可能か
 この度、マンション管理組合の理事長に選任された者ですが、管理費等の滞納額の多さに頭を痛めています。いまだに支払の要求に応じない人については、法的手段の行使も考えているのですが、実際にはどういった手続きが必要なのでしょうか。

answer

 管理費等の滞納に対する督促は、支払期限後三ヶ月の間に、電話、自宅訪問、督促状の順で行われるのが一般的です。これらの督促を行っても改善されない場合は、法的手段をとるようになります。
 このような滞納管理費等の収納を行うための法的な手続きとして『支払督促の申し立て』があります。
 支払督促の申し立てを行うにあたっては、事前に管理者を支払督促の債権者とすること、および訴訟となった場合に原告となることについて、集会の決議を経ておくべきです。また、支払督促の申し立てを行った場合は、その旨を区分所有者全員に通知する必要があります。
 支払督促の申し立ては、債務者(滞納をしている人)の住所地の簡易裁判所で行います。この際、「支払督促申立書」、「当事者目録」、「請求の趣旨及び原因」他、債権および債権者についての各種証明書類、印紙など、所定の書類を提出します。申請日から二週間以内に債務者から異議申し立てがあれば、通常の訴訟に移行しますが、異議申し立てのない場合には、支払督促が確定し、裁判の判決と同様の効力をもちます。この判決に基づいて強制執行をかけ、滞納管理費等を取り立てることとなります。

編集/合人社計画研究所法務室
監修/桂・本田法律事務所本田兆司弁護士

法律トラブル相談集

資料請求

ウェンディネット

お知らせネット

全国一のマンション管理網

ISO取得

管理委託契約書

重要事項調査依頼受付

ページトップへ戻る

マンション管理の合人社計画研究所 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 関連グループ一覧