法律トラブル相談集

管理費の滞納問題

共有名義になっている部屋への滞納請求について
 管理組合の理事長をしています。以前からマンション内に高額滞納者がいて支払の督促を行っています。最近、登記簿を調べてみると、この部屋は共有名義になっていることが判明しました。共有持分に応じて二人に支払の請求をしたいのですが、どのようにしたらよいのでしょうか。

answer

 管理費等の負担について区分所有法では、区分所有者が共用部分の持分割合に応じて負担するとしています。この原則にしたがって、通常は管理規約により各戸ごとに負担すべき管理費が定められています。したがって、管理費は、債権の目的がその性質上不可分な債務として、分割することはできません。
 本問の場合では管理組合は共有者のどちらにでも満額の請求をすることができ、また共有者は「もう一人に請求してくれ」と他の共有者に支払の責任を押しつけることはできません。
 管理組合から見て、管理費等請求の最小単位は一所有区分(一住戸)であり、住戸の共有にまで考慮して請求する必要はありません。
 管理費等の請求や滞納督促を書面で行うことには、管理組合の債権を明示し、債務者に債務を認めさせるという意味があります。ところが、上記のように分割請求を行ってしまうと、債務者から見て自分に支払義務のある金額が明確でなくなってしまう恐れがありますので注意してください。
 結論として、共有者への分割請求は行うべきではありません。最終的には共有者双方に満額の支払義務があることを明示して、督促業務を行えばよいでしょう。

編集/合人社計画研究所法務室
監修/桂・本田法律事務所本田兆司弁護士

法律トラブル相談集

資料請求

ウェンディネット

お知らせネット

全国一のマンション管理網

ISO取得

管理委託契約書

重要事項調査依頼受付

ページトップへ戻る

マンション管理の合人社計画研究所 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 関連グループ一覧