法律トラブル相談集

総会・理事会の運営

管理規約の原本が保管されていない場合は
理事長をしています。理事会を開催したいのですが、理事のスケジュールが合わないため、なかなか開催することができません。理事会で決定したい事項を事前に理事に通知し、理事の書面による承認を得ることで理事会決議とすることはできないものでしょうか。なお、当管理組合の管理規約は、標準管理規約に準じています。

answer

 標準管理規約では、理事会の会議および議事について、以下のとおり、コメントされています。
 『理事会には本人が出席して、議論に参加し、議決権を行使することが求められる』(コメント第53条関係(1)後段)
 『理事の代理出席(議決権の代理行使を含む。以下同じ)を、規約において認める旨の明文の規定がない場合に認めることは適当でない』(コメント第53条関係(2))
 つまり、管理規約に明文化しない限り、理事会の書面決議は認められないということです。
 逆に言えば、管理規約を定めることで理事会の書面決議は可能となりますが、書面決議が常態化し、理事会での議論が十分になされなくなることが懸念されますので、理事会の書面決議の導入は、慎重に検討するべきでしょう。
 また、書面決議を導入する場合も、書面決議で承認することのできる事項を、区分所有者からのリフォーム申請に対する承認決議等に限定するなど、書面決議を部分的に導入することも考えられます。
 さらに、管理規約を定めることで理事の代理出席は可能となりますが、上記のとおり、理事会の決議は、理事本人が出席して議論に参加して議決権を行使することが重要であり、代理出席の導入も慎重に検討するべきです。

編集/合人社計画研究所法務室
監修/桂・本田法律事務所本田兆司弁護士

法律トラブル相談集

資料請求

ウェンディネット

お知らせネット

全国一のマンション管理網

ISO取得

管理委託契約書

重要事項調査依頼受付

ページトップへ戻る

マンション管理の合人社計画研究所 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 関連グループ一覧