法律トラブル相談集

総会・理事会の運営

管理規約の原本が保管されていない場合は
 昨年度の通常総会で大規模修繕工事実施の決議がされましたが、本年度の理事長が工事を発注しないため、大規模修繕工事が行われません。総会決議はされたものの、時期尚早として理事長が工事発注を保留しているようです。総会での決議事項を理事長の個人的な考えで実施しないことは許されるのでしょうか?

answer

  区分所有法では、マンションの維持管理をスムーズに行えるように、第二六条一項で、「管理者は、共用部分である建物の敷地及び付属施設等を保存し、集会の決議を実行し、規約で定めた行為をする権利を有し、義務を負う」とし、同法二五条一項では、「区分所有者は、規約に別段の定めがない限り集会の決議によって、管理者を選任することができる」とし、管理者の制度を規定しています。
 ところで、マンション標準管理規約によれば、「理事長は、区分所有法に定める管理者とする」旨規定され、通常は管理規約にその旨定められていますが、このような規定がない場合には、集会の普通決議によって管理者を選任することになります。そこで、管理規約により、理事長が管理者とする旨の規定がある場合には、理事長は、集会の決議を実行する義務を負うことになりますので、本問のように、理事長が個人的な考えで総会決議をした大規模修繕工事を実施しない行為は、理事長として義務に違反することになります。
 また、大規模修繕工事の実施を遅延させたことにより、管理組合に何らかの損害を生じさせた場合には、債務不履行による損害賠償責任を問われることもありますし、各区分所有者は、総会決議や訴訟により理事長を解任することも可能です(区分所有法第二五条第二項)。
 それだけに、集合住宅であるマンション管理組合を円滑に運営する上で、理事長(管理者)の責任は重大であり、権利および義務を誠実に行うことが求められます。
 まずは、理事長に法に定められた集会の決議を実行することの必要性を理解してもらい、速やかに大規模修繕工事の手続を行うように促すことが重要といえます。

編集/合人社計画研究所法務室
監修/桂・本田法律事務所本田兆司弁護士

法律トラブル相談集

資料請求

ウェンディネット

お知らせネット

全国一のマンション管理網

ISO取得

管理委託契約書

重要事項調査依頼受付

ページトップへ戻る

マンション管理の合人社計画研究所 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 関連グループ一覧