法律トラブル相談集

総会・理事会の運営

管理規約の原本が保管されていない場合は

 マンションの一般組合員です。理事長の目にあまる職務怠慢があるため、管理規約に基づき組合員総数および議決権総数の五分の一以上の組合員の同意を得て、理事長解任を決議とする臨時総会の招集を理事長に請求したところ、理事長はこれを拒否しました。臨時総会を直接招集するために、理事長に組合員名簿の閲覧を求めたところ拒否されたためマンション管理会社に名簿の閲覧を求めましたが、理事長の許可がなければ応じられないとの回答がありました。組合員名簿の閲覧を拒否できる正当な理由の範囲はどこまでなのでしょうか。




answer

 区分所有法では組合員名簿の閲覧については特に規定していませんが、管理規約で規定していることが一般的です。マンション標準管理規約第六四条では「理事長は、会計帳簿、什器備品台帳、組合員名簿及びその他の帳票類を作成して保管し、組合員又は利害関係人の理由を付した書面による請求があったときは、これらを閲覧させなければならない。この場合において、閲覧につき、相当の日時、場所等を指定することができる」と定められています。
 規約で上記のような定めがある場合、理事長が正当な理由なく組合員名簿の閲覧を拒否することは職務違反となります。閲覧を拒否することができる正当な理由としては次のことが考えられます。
(1)組合員名簿情報に基づき社会通念上許容される範囲を超える電話・訪問・文書配布等を執拗に行うことが予測される場合
(2)目的が不明確又は個人的な情報収集である場合
(3)深夜又は早朝の閲覧請求の場合
などです。
 なお、管理会社は閲覧書類の保管当事者ではなく、管理組合との管理委託契約に基づき組合員情報を取り扱っている立場ですので、管理組合(理事長)の許可がなければ入居者名簿の閲覧に応じることはできないでしょう。

編集/合人社計画研究所法務室
監修/桂・本田法律事務所本田兆司弁護士

法律トラブル相談集

資料請求

ウェンディネット

お知らせネット

全国一のマンション管理網

ISO取得

管理委託契約書

重要事項調査依頼受付

ページトップへ戻る

マンション管理の合人社計画研究所 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 関連グループ一覧