法律トラブル相談集

総会・理事会の運営

管理規約の原本が保管されていない場合は
 理事をしています。先日、在任中の理事長がお亡くなりになられました。生前の故人が病床につかれてからは、理事長の実務は同居するご子息が代行されていました。現役員の任期は半年程残っており、理事会としてはご子息に新理事長への就任を依頼したいと考えていますが、どのような手続きが必要でしょうか。

answer

 管理組合の役員の選任や補充、役職の決定に関する手続きは、管理規約の定めに従って行います。
 国土交通省が作成したマンション標準管理規約では、理事及び監事は組合員のうちから総会で選任し、理事の役職については理事の互選によると規定しています(第三五条第二項、第三項)。
 したがって、役員を補充する場合には、必ず総会の決議を経る必要があります。
 ただし、役員の選任については規約で任意の定めができるため、マンションによっては役員に欠員が生じた場合に理事会の決議で補充することができるなど、マンション標準管理規約と異なる内容になっていることもありますので注意が必要です。
 本問の管理組合の規約がマンション標準管理規約の内容に準じている場合、逝去された前理事長のご子息に新理事長に就任いただくには、次の手続きが必要となります。
(1)相続にて、当該マンションの区分所有者となる。
(2)総会にて、役員選任の承認を得る。
(3)理事の互選により新理事長に選任する。

編集/合人社計画研究所法務室
監修/桂・本田法律事務所本田兆司弁護士

法律トラブル相談集

資料請求

ウェンディネット

お知らせネット

全国一のマンション管理網

ISO取得

管理委託契約書

重要事項調査依頼受付

ページトップへ戻る

マンション管理の合人社計画研究所 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 関連グループ一覧