法律トラブル相談集

総会・理事会の運営

管理規約の原本が保管されていない場合は
 新たに使用細則を制定または変更を検討する際に、実際の運用面での問題点を検証するため、理事会の判断により暫定運用を実施しても問題ないでしょうか。

answer

 使用細則等の制定に関する手続きは、マンション管理規約の定めに従うこととなります。国土交通省が作成したマンション標準管理規約では、使用細則等の制定または変更を行うためには総会決議が必要としており(第四八条第四号)、理事会には総会議案を作成する権限が与えられています(第五四条第二号)。
 したがって、その効用を確認するための暫定運用だとしても、理事会の決議で使用細則を制定または変更することは管理規約違反となってしまいます。
 しかしながら、総会で決議された使用細則を実際に運用すると、事前に想定していなかった問題点が生じる場合もあるでしょう。そのような事態を避けるためには、まず理事会で使用細則案を作成し、その案を組合員に配付し意見を求め、その意見に基づいて修正した使用細則案をもって総会決議に諮ると良いでしょう。
 集合住宅である分譲マンションにとって、使用細則は居住者の日常生活にかかわる大切なルールです。より多くの組合員の理解が得られるよう、マンションに適した細則の整備に努めることが重要です。

編集/合人社計画研究所法務室
監修/桂・本田法律事務所本田兆司弁護士

法律トラブル相談集

資料請求

ウェンディネット

お知らせネット

全国一のマンション管理網

ISO取得

管理委託契約書

重要事項調査依頼受付

ページトップへ戻る

マンション管理の合人社計画研究所 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 関連グループ一覧