法律トラブル相談集

総会・理事会の運営

復代理人による議決権の行使について
 私は一〇二号室の区分所有者です。このたび総会が開催されることになり、一〇一号室の区分所有者から議決権行使を委任され、これを引き受けました。しかし、私も都合が悪くなり、同居人に委任することにしました。この場合、同居人に一〇一号室の分も委任することは可能なのでしょうか。マンションの管理規約には、代理人の資格として「その組合員と同居する者、または他の組合員若しくはその組合員と同居する者」と限定されています。

answer

 民法の一〇四条には、「委任による代理人は、本人の承諾を得たとき、又はやむを得ない事由があるときでなければ、復代理人を選任することができない」とあります。ここで「復代理」とは、代理人が委任された代理行為を行わせるために、さらに代理人を選任して、委任した本人を代理させることをいいます。
 委任は、もともと代理人を信用して委任するものですから、委任した人が他の人に委任をするのであれば、その人に委任しないこともあるからです。そこで、復代理をする場合には委任者の承諾を要することとしたのです。また、やむを得ない事由とは、事故や急病などで急に出席できない場合などをいいます。
 ご質問のケースによると、一〇一号室の区分所有者(委任した本人)から委任された一〇二号室の区分所有者(代理人)が、さらに代理人として一〇二号室の同居人(復代理人)に代理権を委任することになります。民法の規定では、「本人の承諾を得たとき、又はやむを得ない事由があるとき」に限り、この復代理行為を可能としています。
 また、管理規約でも、代理人の資格として「他の組合員若しくはその組合員と同居する者」を認めていますので、一〇一号室の区分所有者の代理人として、一〇二号室の同居人に委任することは可能です。
 そこで、一〇一号室の方に、一旦委任された代理権をさらに同居人に委任することについて承諾をもらえば問題ありません。その場合も、委任した本人の承諾書をもらっておくのが良いでしょう。

編集/合人社計画研究所法務室
監修/桂・本田法律事務所本田兆司弁護士

法律トラブル相談集

資料請求

ウェンディネット

お知らせネット

全国一のマンション管理網

ISO取得

管理委託契約書

重要事項調査依頼受付

ページトップへ戻る

マンション管理の合人社計画研究所 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 関連グループ一覧