法律トラブル相談集

総会・理事会の運営

夫婦二人とも役員になれるのか
 分譲マンションの一室を夫婦で共有しています。次期管理組合役員となる順番なのですが、夫婦二人とも役員になれるのでしょうか。

answer

 ご質問されている方のマンションの管理規約の内容が不明なので、標準的な例でお答えします。
 一般的な規約では、[役員の資格]に関しては「理事および監事は、○○マンションの組合員のうちから、総会で選任する」と定められています。この条文だけを見ると、ご質問のようにご夫婦二人で共有していらっしゃる場合は、二人がともに区分所有者(=組合員)でありますし、問題はないように見えます。
 しかし、マンションの基本法とも言える区分所有法には「専有部分が数人の共有に属するときは、共有者は、議決権を行使すべき者一人を定めなければならない」と決められています。これはあくまで総会の議決権行使者に関しての定めですが、これは法律の主旨が、「組合の決議に関して、一戸に複数の共有者がいる場合でも議決権を行使できる人は一人としなければならない」ということなのです。
 この原則は規約の中で運営方法などを規定する理事会においても準用できると考えられ、理事会役員も一戸に一人とするのが妥当です。もし仮に、複数の共有者が役員になることを認めてしまった場合、極端な例ですと、理事の過半数が一戸の所有者で占められてしまい、理事会の決議が一戸の所有者の意向で決定されてしまう危険性もあります。こうした事態を避ける意味でも、役員は一戸一人で、かつ、その役員は議決権を行使すべき者とするのがよいでしょう。
 ただし、以上は通常のマンションの場合で、再開発ビルなどの区分所有建物で、一区分で多数の議決権を有する場合などでは前提が違ってきますので、規約で特別の定めをすることが必要でしょう。

編集/合人社計画研究所法務室
監修/桂・本田法律事務所本田兆司弁護士

法律トラブル相談集

資料請求

ウェンディネット

お知らせネット

全国一のマンション管理網

ISO取得

管理委託契約書

重要事項調査依頼受付

ページトップへ戻る

マンション管理の合人社計画研究所 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 関連グループ一覧