法律トラブル相談集

総会・理事会の運営

夫婦共有で二戸所有している場合の「区分所有者数」について
 私たちは同一マンション内で夫婦共有の部屋を二戸所有しています。この場合は総会における「区分所有者数」について、どのように扱われることとなるのでしょうか?

answer

 区分所有法第四〇条には「専有部分が数人の共有に属するときは、共有者は、議決権を行使すべき者一人(本欄では、以下「代表者」といいます)を定めなければならない。」と定められており、共有に属する部屋では代表者として共有者の中から一人を管理組合に届け出ることとなり、届け出られた代表者の人数が「区分所有者数」となります(図参照)。
 つまり、問いのケースでは「夫」または「妻」のどちらかが一人で二戸すべての部屋の代表者となった場合には「区分所有者数」は「一人」となり、代表者を「夫」と「妻」で分けた場合は「二人」となります。

夫婦共有で2戸所有している場合の「区分所有者数」について

編集/合人社計画研究所法務室
監修/桂・本田法律事務所本田兆司弁護士

法律トラブル相談集

資料請求

ウェンディネット

お知らせネット

全国一のマンション管理網

ISO取得

管理委託契約書

重要事項調査依頼受付

ページトップへ戻る

マンション管理の合人社計画研究所 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 関連グループ一覧