法律トラブル相談集

総会・理事会の運営

部屋を共有している場合の議決権は
 マンションの部屋を妻と二人で共有しています。この場合、二人が総会に出席をしてそれぞれの意見を述べることはできるのですか。また、議決権数及び区分所有者はどのように数えられるのですか。

answer

 マンションの一室を数人で共同購入したり、区分所有権者が死亡して数人の相続人が共同相続した場合など、専有部分を数人で共有することはよくあることです。
(1)議決権行使者は一人
 ところで、区分所有法では、専有部分が数人の共有に属するときは、共有者は、議決権を行使すべき者一人を定めなければならない(区分所有法第四〇条)と規定しています。
 そこで、共有者が議決権を行使するには、行使する者一人を指定して、届出をしなければなりません。
 また、議決権行使の前提となる意見陳述権、さらには総会への出席権についても、同様に解しています。
 従って、夫婦二人が出席をして異なった意見を述べることはできません。
 共有者は議決権の行使をよく話し合い、議決権を行使する者を誰に指定するかを決めることになります。
 なお、共有者は議決権者を自由に指定できますが、この指定を明らかにするために、共有者連名の議決権行使者指定の書面を管理者に届出ておくのが適当です。
(2)総会招集の通知について
 また、共有者の場合の総会招集の通知については、議決権を行使すべき者一人に対して通知すればたりますし、その指定がない場合は、共有者の一人にすればたります(区分所有法第三五条二項)。

編集/合人社計画研究所法務室
監修/桂・本田法律事務所本田兆司弁護士

法律トラブル相談集

資料請求

ウェンディネット

お知らせネット

全国一のマンション管理網

ISO取得

管理委託契約書

重要事項調査依頼受付

ページトップへ戻る

マンション管理の合人社計画研究所 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 関連グループ一覧