法律トラブル相談集

総会・理事会の運営

海外居住者の代理人設置について
 区分所有者の一人が、部屋を第三者に賃貸したまま海外に居住しています。日本企業の海外進出が進むなか、こうしたケースは今後増えていくと思います。集会の通知など不便ですので、管理規約に「海外居住者は国内に代理人を置くこと」と定めてはどうかと考えています。許されるでしょうか。

answer

 本来、区分所有者が代理人をたてるか否かは本人の自由意志に任せられるものであり、規約によって義務化される性格のものではありません。また、将来どのような案件の議案が集会に上がるかも分からないのに、代理人に対して包括的な代理権を与えることは危険な行為です。あくまでも、代理権は個別の案件について授与されるべきものです。
 以上のことから、集会に際して、海外居住者である区分所有者にあらかじめ代理人の国内設置を義務づけることは、許されないと思われます。
 区分所有者が、海外に居住することにより、集会に限らず、日常の連絡事項についても、スムーズに行われない恐れはあります。国内における連絡場所を管理組合に届けるようにするなどの対策を講じられてはいかがでしょう。

編集/合人社計画研究所法務室
監修/桂・本田法律事務所本田兆司弁護士

法律トラブル相談集

資料請求

ウェンディネット

お知らせネット

全国一のマンション管理網

ISO取得

管理委託契約書

重要事項調査依頼受付

ページトップへ戻る

マンション管理の合人社計画研究所 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 関連グループ一覧