法律トラブル相談集

総会・理事会の運営

管理組合の理事会の権限は
 管理組合の理事会はどんな権限を持っているのですか。

answer

 理事会の職務権限は管理規約の中で定められています。一般的な規約では「総会上程議案の審議」や「総会で決議された事項、総会で理事会に付託された(委任された)事項」などの具体的業務の執行を行う機関です。
 区分所有法には集会(総会)についての定めはありますが、理事会についての定めはありません。区分所有法では「区分所有者は全員で管理組合を構成しており、集会を開いたり規約を定めたり管理者を置くことができる」としています。また、組合の運営上重要な事項(規約の変更、共用部分の変更、義務違反者に対する措置など)についてはすべて集会(総会)の決議を必要としています。このように、管理組合(組合員)に関係する重要な案件については、組合員の全員参加による集会(総会)の意思決定が求められますが、これを集会主義といって、管理組合の運営のあり方の基本となるものです。
 そこで、理事会は、この集会主義の精神を尊重し、管理組合の運営方針を検討、策定していく重要な執行機関と位置づけることになります。

編集/合人社計画研究所法務室
監修/桂・本田法律事務所本田兆司弁護士

法律トラブル相談集

資料請求

ウェンディネット

お知らせネット

全国一のマンション管理網

ISO取得

管理委託契約書

重要事項調査依頼受付

ページトップへ戻る

マンション管理の合人社計画研究所 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 関連グループ一覧