法律トラブル相談集

生活ルール

管理組合での監事の役割
 先の管理組合の総会で、私は監事に選任されました。念のために管理組合における監事の役割をもう一度確かめておきたいのですが。

answer

 一般的に管理組合には役員として理事長、副理事長、理事、監事がおかれます。監事とは理事会が誠実に任務を履行しているかをチェックする機関です。
 管理組合の日常の業務は理事会によって行われます。総会で理事会に一任された業務や規約で定められた日常業務(共用部分の維持管理、官公署との渉外業務、広報・連絡業務他)を執行し、収支予算案・決算案・規約変更などの案・その他総会提出案を作成します。理事はこれらの重要な業務を組合員の代表として誠実に遂行する義務を負います。
 そこで、内部的な自主的監督機関として監事という役職が設けられるのです。監事の職務は管理組合の業務の執行や財産状況の監査と総会におけるそれらの報告です。監事は理事会の決議には参加できませんが、理事会に出席して意見を述べることができます。もし、理事会の業務の執行や会計に不正があると認めるときは、監事は臨時総会を開催することができます。このような職務の性質上、監事は理事とは独立した立場でなくてはなりませんので、理事がこれを兼任することはできません。
 法人として登記された管理組合の場合、監事は必ず置かなければなりませんが、一般の管理組合の場合も組合の公正な業務遂行のために設置しているのが通常です。

編集/合人社計画研究所法務室
監修/桂・本田法律事務所本田兆司弁護士

法律トラブル相談集

資料請求

ウェンディネット

お知らせネット

全国一のマンション管理網

ISO取得

管理委託契約書

重要事項調査依頼受付

ページトップへ戻る

マンション管理の合人社計画研究所 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 関連グループ一覧