法律トラブル相談集

生活ルール

ドアの鍵は専有部分か
 玄関の鍵が壊れたので管理会社へ電話したところ、取替費用は各戸の負担となるということでした。以前各戸のドアは共用部分だと聞いたのですが…。

answer

 専有部分とは部屋の壁や柱の内側で、クロス張りや合板張り等仕上げ材を含めた空間である(上塗説)とされています。
 ご指摘の通り、玄関ドア自体は共用部分ですので、勝手に現在あるドアを外して違うデザインのものを取り付けたりすることはできません。マンションの外観を損なうほか、防火性能などの問題からマンション全体の機能上支障をきたすおそれがあります。
 さて錠と鍵ですが、ドアの一部ではありますが、規約上は専有部分と定める場合と共用部分と定める場合があります。いずれの場合でも、基本的には部屋の所有者の独占的な所有物ですから、同一のデザインであれば錠前を取り替えても構いませんし、壊れた場合は各自の責任で修理することになります。ただし、管理組合が扱いについて管理規約などで定めているケースもありますから、鍵の交換をする場合は管理組合や管理会社に確認する必要があります。
 専有部分か共用部分かで間違えやすいものを他にあげておきますと、例えば各戸のバルコニー・窓枠・窓ガラス・専用庭・駐車場などで、これらはすべて共用部分で使用者は専用使用権があるのみですから勝手に造作できません。そのほか住戸内の感知機も意外でしょうが、共用部分です。どちらか判断が難しいものですが、機能上の性質や目的などを考慮するとよいでしょう。しかし、よく分からない場合は勝手に判断せず、管理組合や管理会社へ相談することをおすすめします。

編集/合人社計画研究所法務室
監修/桂・本田法律事務所本田兆司弁護士

法律トラブル相談集

資料請求

ウェンディネット

お知らせネット

全国一のマンション管理網

ISO取得

管理委託契約書

重要事項調査依頼受付

ページトップへ戻る

マンション管理の合人社計画研究所 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 関連グループ一覧