法律トラブル相談集

生活ルール

フローリング工事について
 管理組合の理事長をしています。近年、当マンションでフローリングの改造工事が多々あり、騒音などの問題となるケースも出ています。私のマンションの管理規約にはフローリング工事について特に定めがありません。どのようにしたらよいのでしょうか?

answer

 従来の管理規約や使用細則の範囲で話し合いで解決することも可能ですが、より明確にするために専有部分の改造を管理規約で規制することは可能です。
 区分所有法第三〇条は「建物又はその敷地若しくは附属施設の管理又は使用に関する区分所有者相互間の事項は、この法律に定めるもののほか、規約で定めることができる」と規定しています。
 今後、このような問題が起こらないようにするためには、管理規約の変更は有効な手段でしょう。管理規約にフローリング工事の際の届出義務や床材の遮音等級についての条項を付加することにより、管理組合として工事の内容を把握し、工事を行う側への指導など有効な対策をとることができます。
 管理規約の変更は、総会の特別決議事項に当たりますので区分所有者および議決権の各四分の三以上の賛成が必要です。

編集/合人社計画研究所法務室
監修/桂・本田法律事務所本田兆司弁護士

法律トラブル相談集

資料請求

ウェンディネット

お知らせネット

全国一のマンション管理網

ISO取得

管理委託契約書

重要事項調査依頼受付

ページトップへ戻る

マンション管理の合人社計画研究所 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 関連グループ一覧