法律トラブル相談集

マンションの基本的事項

区分所有法上の団地とは
 理事長をしています。先日、当マンションの所有者より管理費や修繕積立金の負担割合が専有部分の専有面積の割合となっているのはなぜかと問い合わせを受けました。どのように回答すれば良いでしょうか?

answer

 区分所有法によれば、第一四条(共用部分の持分の割合)において「各共有者の持分は、その有する専有部分の床面積の割合による」と規定しています。また第一九条(共用部分の負担及び利益収取)で「各共有者は、規約に別段の定めがない限りその持分に応じて、共用部分の負担に任じ、共用部分から生ずる利益を収取する」とされており、建物を適正に維持管理するための負担を専有部分の床面積の割合から求められる持分に基づくことを基本的な考え方としています。
 これらの規定を受けて、マンション標準管理規約では第二五条(管理費等)第二項において「管理費等(管理費、修繕積立金)の額については、各区分所有者の共用部分の共有持分に応じて算出する」と規定しています。当マンションの管理規約が、マンション標準管理規約に準じて、管理費等の負担割合を専有面積の割合と規定しているのであれば、これに従うことになります。

編集/合人社計画研究所法務室
監修/桂・本田法律事務所本田兆司弁護士

法律トラブル相談集

資料請求

ウェンディネット

お知らせネット

全国一のマンション管理網

ISO取得

管理委託契約書

重要事項調査依頼受付

ページトップへ戻る

マンション管理の合人社計画研究所 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 関連グループ一覧