法律トラブル相談集

マンションの基本的事項

エレベーター管理費用は1階所有者も払うのか
 私が一階の部屋を所有しているマンションでは、管理費の中にエレベーターの保守管理費用が含まれています。通常エレベーターを利用しない一階の所有者であっても、管理費としてエレベーター保守管理費用を負担しなければならないのでしょうか。

answer

 区分所有建物においては、各区分所有者の利害は必ずしも一致しませんし、共用部分の利用状況も各区分所有者ごとに異なっているのが通常です。しかしながら、共用部分によって各区分所有者が受ける利益の程度を管理費の額にすべて反映させることは不可能であり、また相当であるともいえません。区分所有法では、原則として各区分所有者の専有部分の床面積に応じて共用部分の管理費を負担することが定められていますが、これは管理費を決定する上での混乱を避ける意味でも合理的な方法だといえるでしょう。
 ご質問の場合について考えてみましょう。エレベーターの使用頻度を考えた場合、確かに一階部分の区分所有者は、上層階の所有者に比べてきわめて少ないことが予想されます。しかし、管理上の必要として、屋上に設置された高架水槽やTV受信施設(ともに共用物です)の保守のためにもエレベーターは利用されていることを考慮しなくてはなりません。
 皆さんが購入されたマンションの価格の原価を構成する主要なものは、土地費用と建築費用です。このうち、土地費用については、建物を高層にすることによって、低層の場合よりも個人の負担額を安く設定することが可能になっています。つまり、エレベーターによって現在のような高層マンションが成り立っているわけですから、エレベーターが一階の区分も含めて購入価格を下げる役割を果たしているといえるのです。
 これらの事情を考慮した上で、一般にマンションでは、エレベーターの保守管理費用を全員で負担するような管理費の設定がなされているのです。

編集/合人社計画研究所法務室
監修/桂・本田法律事務所本田兆司弁護士

法律トラブル相談集

資料請求

ウェンディネット

お知らせネット

全国一のマンション管理網

ISO取得

管理委託契約書

重要事項調査依頼受付

ページトップへ戻る

マンション管理の合人社計画研究所 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 関連グループ一覧